FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見当つかず - 2009.06.21 Sun

カロンが大きくなるまでの、継ぎとして管理している黒系イチジクの「ビオレ・ソリエス」があります。
solies02.jpg
ようやく秋果が見えてきた枝もありますが、ほとんどの枝は実が見えません。

この品種もカロン同様、実の着きが悪い品種です。
そこで、カロンを想定して着果が早まる方法を試してみました。

今回はあまり無茶をせずに、毎年ほどほどに実が収穫できる事を目標に試してみました。

まずは、
soliestekisin01.jpg
イチジクの栽培書に書いてある、「摘心処理」。
ある程度効果はあると思うのですが、新梢全部に処理するとなると、その後に発生する副梢管理も大変と思われるので

もう一つの方法として
solieshakuhi01.jpg
ここでも「環状剥皮」。

ただしブドウのように幅広く剥皮すると、イチジクに対しては刺激が強すぎて落葉した経験から、今回はマイルドにカッターで傷を入れただけにしてみました。

果たして、どのような結果になるか、私自身も見当がつきません
スポンサーサイト

● COMMENT ●

マイルドな環状剥離ですね。フムフム
これからの推移が楽しみです。

mossroseさま
環状剥皮により成熟を進めるのは、理屈の上ではあっていると思うのですが、イチジクの場合その加減が解りません。
今回のは、マイルドすぎてすぐに癒合して効果が見えないかもしれません。
いずれにしても、また結果を報告いたします。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://redmountainfarm.blog63.fc2.com/tb.php/458-ea68e411
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

狼煙が上がる «  | BLOG TOP |  » 仕上げをご覧じろ

UNIQLO CALENDER

プロフィール

cassdatsun

Author:cassdatsun

ライフ発句

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。