2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心を映す鏡 - 2011.12.23 Fri

剪定作業が続いています。剪定作業はそのときの気持ちの状態で仕上がりが大きく変わってきます。
何も考えずにボーッとして切っていると、ユルユルの剪定になるし、イライラしていると強めの剪定となってしまします。
また、同じモモやイチジクでもスパスパ切れる樹と考える時間の方が長くなる樹があります。知り合いの果樹農家の方も「どう切ったらいいのか、迷って切った枝は何年経っても迷ってしまう。」よく似たことを言っていました。

karin18.jpg
このカリンもそうで、どう切ったら良いのか分からずに、適当に切っていたら、今年も訳が分からず適当に切ってごまかしました。

今年はいつもより速いペースで、モモとウメの剪定が終了しました。さていよいよ本丸のイチジクの剪定に取りかかります。
スポンサーサイト

ウメ切るバカ? - 2011.09.18 Sun

 我が家にあるウメは「豊後」という品種ですが、巷ではウメと言えば「南高」ということで、我が家のウメでは相手にされないので、もっぱら知り合いに落果寸前の超完熟梅干し用としてお分けしています。
 豊後は自家結実性だったと思うのですが、毎年そんなに結実しません。そんなに結実しないので管理も今ひとつ力が入らない。
 そんな悪循環で毎年冬のせん定では、相当量の突発枝や徒長枝に悪戦苦闘しています。
で、今年ふと「冬に強せん定になっているから毎年突発枝がたくさん出て、結実が悪くなって、その繰り返しになっているのでは?同じ核果類だからモモのように今のうちにある程度切っておけば、樹勢が落ち着くかも。」と考え、ウメの夏季剪定を実行しました。

umekakisentei01.jpg
「豊後」に「露茜」を高接ぎしていて、「露茜」に光が当たるように「豊後」を切っていくと、冬のせん定をしなくて良いくらいのせん定量になってしまいましたがスッキリしました。来年が楽しみです。

草生再び - 2011.06.05 Sun

 以前草生栽培にはまり、ナギナタガヤを導入していましたが、他の雑草が混ざるなどして単一種の草生栽培の難しさを思い知り、またモアーを導入したこともあり、この数年は草生マルチではなく草刈による草生栽培を行っていました。

 今年は何かと忙しく、ウメの管理がおろそかになっていました。そろそろウメの収穫時期がちかづいたので、改めてウメの様子を見てみると・・・

出番です - 2010.02.07 Sun

 まだまだ剪定は続いています。
今日は雨よけ栽培しているイチジク園での作業です、屋根にビニールがあるだけですが陽が照るとポカポカとして体を動かしていると汗ばんできます。
 しかし、一歩外へ出ると冷たい風が吹いています。そんな温度差のために「風邪かな?」と喉の調子がややおかしくなりました。
 こんな時のために、いよいよあれの出番となりました。

初仕事 - 2010.01.17 Sun

今日は、先週の寒さが嘘のように暖かい日となりました。
今年の我が農園は、いまだに剪定作業が出来てなく今日は少し時間があったので、ウォーミングアップを兼ねてウメの剪定に取りかかりました。
senteinoko04.jpg
剪定の必需品です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

UNIQLO CALENDER

プロフィール

cassdatsun

Author:cassdatsun

ライフ発句

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Lc.ツリーカテゴリー

Script by Lc-Factory
(詳細:Lc-Factory/雑記)

カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。